FC2ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント出店のこと #がまぐち #朝来がまぐち #デザフェス #イベント出店 #生地 

デザフェス中、2日目に、開場前にうろうろしてたら、同じ生地を使ってる作家さんがおられたので
話しかけて見ました。
そこではトートバッグとか、ブックカバーとか作っておられて結構なボリューム。

がまぐちを下げていたので「がまぐちは、大変でしょう」って言われたことから色々お話ししました。

生地を扱う雑貨ってかさばるので、出店の時荷物が大きくなって大変ですよね〜
アクセサリーとか紙ものの方は、人によっては、ほぼ荷物なしで、安易なディスプレイで出してたりして
坪効率で比べたら、布作家は、太刀打ちできない。負担でもかなり厳しいですよね〜っていう感じで。

そこからその方とは昨今のイベントで見かける「雑貨店の出張出店」や、「委託品を集めて出店」する人たちに対しての話で盛り上がりました。あれ、なんとかならないのかな。
IMG_4717.jpg
(写真は、内容とは直接関係ありません)

あと、学校単位の出店もね。
雑貨店の出張出店も納得いかない。自分の店の場所で勝負して欲しい。あとは委託品を集めて大勢の作品を持ち寄って出る人も。下手すると出店料をそれぞれ徴収した上に販売手数料まで取って、取りまとめする人は、集めた出店料だけで、黒が出るほど集めて、さらに販売手数料で利益をあげてるんだから正直悪質。
こういうのに乗っかる方っていうのは、大体が商売を知らない方で、活動経験が浅かったりして、自分がうまく利用されていることに気づいてないだけ。

パッと見、作家一人で頑張って作品作って持って来た人のブースより、色々な分野のものが集まっている方が
お客さんへのアピールは強いし、各自の負担額が低いから価格も抑えさせられたりする。なので売れたりする。

だけどそうやって一人あたりの負担を減らして「楽」した人たちのおかげで、頑張ってる作家さんが出店できない現実がある。
主催側は、実は雑貨店の出張出店とか、委託集めの出店は、良しと思ってないので、審査で外したいんだけど、
相手も悪質だから、うまくすり抜けられるように申し込んでくるんだとか。
会場でチェックしようにも、開場ギリギリにやって来たりして、チェックされないように逃げるんだとか。
IMG_4718.jpg

ハンドメイドマルシェでは、パンフレットにしっかり「委託のみの出店、雑貨店の出店はお断りします」と掲げてる。
デザフェスだってそれくらいする必要あるんじゃないのかな。
おまけに二次創作とか言っても、新選組とか、アリスとかってやってるひとは立派な二次創作じゃないの?
どこらへんにラインがあるの??もっと厳格にしないとコミケとごっちゃになってません?

私は、基本的に1ブースに1作家でやるべきだと思ってます。
埋められないなら小さいブースにすればいいし、埋められるくらい作るのがこういう大きなイベントに出るってことじゃないのかと思うから。

こういうイベントって作家がお客さんと直接お話しできるという点も大きいと思うんです。
だから、来られないなら、友達にお願いして委託、っていうんじゃなくて。
来られないなら出ない。
出られる人が出る。ってことにすればいいのに。
だって出ようと思って交通費かけて仕事休んだりして、頑張って来てる人もいるんだよ。

色々な網目をすり抜けて、なんとか安く出店して損がないようにしてやろう ていう考えの人が本当に多くて。
おまけに転売とかも出てるし。
もうそこには「自分の作品を見てもらいたい」っていう基本精神はないんだよね。
とりあえずの売り上げが欲しい、お小遣い稼ぎなものの方が先に立ってしまってて。
そもそも「自分の作品」なんてない人もいるんだから。
なんか取り締まって欲しいわ。

あと、学校単位の出店も、やめて欲しい、開催時間無視してさっさと片付けたり。周辺に荷物を置いたり。
先生がやたら偉そうにでかい声で指示したりしてうるさい。そのブースに4人入れるじゃないか、って思う。
IMG_4716.jpg
(写真と内容とは直接関係ありません)


出店条件に「作家本人が来ること、委託、雑貨店の出店はだめ、合同出店もだめ」ってことにしたら
また面白いものになるだろうし、1ブースごとの個性がはっきりしそうですよね。
(その分、ブースは小さいものも色々用意する必要があるけど)

なんて色々考えました。布作家さんの出店が減ってるんだそうだ。負担が大きいから。
ここで2日4万で出店するよりも、どっかで1日3000円程度で出店して1万程度の売り上げの方が確実だということで。

ただ、私はデザフェスに出る意味も一応あって、関東では取扱店もないので、関東の方にアピールする数少ない場なのです
実際に大阪の某イベントよりは、お客さんの質もいい。
(単に買ってくれるっていうだけじゃなくて、大阪より作品に対する目がちがうなと思うのです)
大阪の某イベントは、最近作家仲間さんでも出なくなった方が増えてます。
先日出た京都ハンドメイドマルシェの方が、規模は小さいけど作家さんが面白い人ばっかりだったなあ。

散々お話しして、そのあと、皮革でがまぐちを作ってるという職人さんともお話し。
職人がいないので、作ってる人をスカウトしたくて見回ってたそうで、私は布なので、さすがに革のがまぐちは。。
って感じでお話ししたんだけど、がまぐち、大変でしょう?って言われました。

がまぐち、流行ったからね。へんな作家さんも増えたし。
でも多分ここまで一人で作って並べるアホなのは、いないんじゃないかな。
中に無駄なフエルトモチーフつけたりしてるしさ。

大変かどうかは、わからないけど、もう10年以上やってますから。
まだやっていこうと思ってます〜

出店予定: 
11月21〜27日 2階入口 西武高槻店 阪急沿線の素敵な雑貨フェア
12月3日  No,46 森の手づくり市 
12月17日 NO,5(四条通り側) 京まちなか市

空空商會 朝来って何作ってるの?というまとめ記事を作りました!
がまぐちいろいろ 手作りがまぐち作家 空空商會 朝来


日常の日記はこちら
がまぐち朝来食べたり飲んだりときどきがまぐち
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あさっくなとこ

Author:あさっくなとこ
からっぽのラムネ瓶のカラカラの音、
はだしではいた下駄の音
街角の人の声、耳障りのいい町のあちこちの音が好きです。
そんな音と同じように大好きながまぐちのぱちんぱちんと開け閉めする音。

なんにも考えずになんとなくぱちんぱちんと音をさせるがまぐち
手元をみてがまぐちをのぞきこんで、ぷっと思わず笑ってしまうような
持ってる人がそれだけでうれしいがまぐちを目指します。

 朝来(あさっく)です! がまぐち製作の記録と、密かに活動中の「昼呑み部」の活動と、うろうろなどをご報告します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。