検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デザフェス 思うこと  #zakka #デザフェス #がま口 

あっという間に終わったデザフェス。

今回は、そこそこ場所も悪くなかったのかな〜端っこだったけど
などと思いながら〜配置のことやら並べ方やら
やっぱり毎回反省しつつでおります。

IMG_8379.jpg

今回もぎゅうぎゅう詰めでしたな。

で、デザフェス終わってからみなさんの耳に入りましたよね

転売問題。
細かくは言わないけども、北海道で活動している作家さんの作品を購入した誰か(特定されているそうですが)が
デザフェスでちゃっかりブース取って、元の値段に上乗せして、自分が作ったかのようにして販売してたという問題。

それはないわ〜一番やったらあかんことやん

誰やねん、私全然関係ないけど直に会いに言ってコテンパンにしてやりたいくらいにはらたつ。

たかが転売、という方もいるでしょうよ。
でも、そういうことをいう人は、多分、自分で作ってない人やそういう作品のことを「それ私も作れるわ」とか
イベントで気安くいうような程度の人だろうと思う。
自分の作品を作ることって、本当に大変なことで、自分のブランドラインを作ることって
簡単なことじゃない。
どっかの誰かの作品を見て「私も作れるわ」と似たようなものを作って、
流行っているものだからと生地だけ変えたくらいで「オリジナル」だと偉そうに言って
販売してる人には絶対わからないと思う。
というか、そういう人、売らないでほしいんですけどね、オリジナルじゃないから。

その作品が売れて利益を得るのは、作家でないといけないのです。
何もしてない奴がさも自分が作ったもののように、考えたもののように利益つけて売るなんて
許されないことなんです。

ただ、どこでそれを見分けるの?
作家なんてみんなが顔だしてアピールしてないし、
例えば今回みたいに北海道で活動してる方でも、もしかしたら東京に出てこられてるかもしれない
さらにいうと会場で初めてその作品に出会った人にとっては、事前情報なんてないんだから
見分けろという方が無理な話。
今回は、あまりに可愛かったので、作家さんのことを調べたりした方がいたから発覚した事だし。

こうなると、審査の段階である程度見極められないといけないって事なのかなあ。

でも、何人かのお友達出店の人なんて、下手すると「こられない人の分も売るよ」なんてのがあるから
作った本人が出ないとだめ、っていうルールは作れないし。
何かいい方法ないんだろかと思うんだけどうまく思いつかないなあ。

今回の転売問題、作家さんみなさん他人事じゃないですよね。
事務局にも具体的にキチンとした対応など示してほしいけど
作家側も何かできることってないのかなあ
と、もやもやとずーっと考えてます。

空空商會 朝来を知っていただくために
まとめ記事を作りました〜

ぷぷぷながまぐち 空空商會 朝来
スポンサーサイト
プロフィール

あさっくなとこ

Author:あさっくなとこ
からっぽのラムネ瓶のカラカラの音、
はだしではいた下駄の音
街角の人の声、耳障りのいい町のあちこちの音が好きです。
そんな音と同じように大好きながまぐちのぱちんぱちんと開け閉めする音。

なんにも考えずになんとなくぱちんぱちんと音をさせるがまぐち
手元をみてがまぐちをのぞきこんで、ぷっと思わず笑ってしまうような
持ってる人がそれだけでうれしいがまぐちを目指します。

 朝来(あさっく)です! がまぐち製作の記録と、密かに活動中の「昼呑み部」の活動と、うろうろなどをご報告します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ